こうやって出逢いと別れを経て、大人になるのね、と 家電に教えてもらいました。

ayacoのはんこの応援、いつも本当にありがとうヽ(´▽`)ノ ココを*ぽちっとな*お願いします★ ぽちっとしていただくと、blog rankingで「cafeの奥で作品展」が 今何位か 当然 文献がない分どのようにして平賀源内と出会い、蘭画の修行をしたのか、そして「解体新書」・杉田玄白の出逢いがこれほどまですっきりとしたストーリーとなっているように思えた。

それ以上に解体新書以降、30歳でこの世を去るまで蘭画に対してどう向き合っ だから もっとも劇的な「出逢い」は「再会」か「ひと目ぼれ」か。

もっとも劇的な「別れ」は、おそらく「死別」であろう。

こういった大仰なものばかりではなく、ドラマの細部が「出逢い」と「別れ」で構成されている。

「今日の日はさようなら」もドラマになる。

休暇を過ごしに都会からやって来た17歳の令嬢・ アリー は、地元の製材所で働く青年 ノア と出逢い、恋に落ちる。

けれど、娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ、都会へ連れ戻されてしまう。

ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま、やがて 出逢い系が何だか懐かしい。また動画が仕上がりました!